北海道の年間発電量

北海道の年間発電量図

 太陽光発電は南の地域が発電量が多いというイメージがありますが、決してそうではありません。発電量はそれぞれの地域の気象条件や特性によって変わります。札幌は雪が多いため発電量が少ないと思われがちですが、太陽光は天気が良くて気温が低く、そして空気が澄みとおった地域が発電を高めます。

雪が多い北海道でも発電効率は良い

 太陽光発電のパネルの表面は、強化ガラスですべりやすく、雪が落ちやすくなっているので、はやく雪が落ちて発電しやすい構造になっています。気になる汚れも雨でほとんど落ちてしまうので、掃除などのメンテナンスも不要です。誰もが安心して使用できる画期的なシステムです。

売電のしくみとメリット

余剰電力買取システム

余剰電力買取システム

 太陽が高い位置にある日中など、たくさん発電して家庭内で使い切れない電力は自動的に電力会社が通常より高価で買い取りますので経済的にもお得です。夜間や悪天候の発電しない時間帯は、電力会社から通常通り電気を購入することができるので心配ありません。

夜間の電気代が割安になる夜間契約電力を利用した場合、より電気代を抑えることができます。

 電力会社と結ぶ時間帯別電灯契約は、昼間の電気料金が割高になりますが、夜間の電気料金はグンと安くなります。エコキュートなどの給湯機を利用したり、昼間は家電製品を使わずに夜間に家事をするなどの工夫で、電気代を上手に節約できます。

サンエコ標準の安心安全な施工方法

屋根に穴を空けない掴み方式

無落雪屋根のハゼ掴み設置

無落雪屋根

無落雪屋根の施工写真(屋根なり設置方式)

【設置メリット】
①屋根に穴をあけずハゼに金具を 固定して設置します。
②パネルに保護され屋根の耐久性も長くなります。
③コストが安くパネルを多く設置できるので春夏秋の発電が期待でき、 冬は発電無しでも効果的。

※2017年から北海道でメーカー補償も15年延長できるようになりました。
パネルは25年出力保証です。


太陽光発電を設置する5つのメリット

メリット1 自家発電

太陽光で発電した電気は自宅で使えるのでエコロジー&エコノミー

 太陽光発電は環境に配慮しながら、光熱費をグーンと節約可能!電気を使うので、CO2排出を抑えることができ、環境にも貢献できます。

メリット2 売電

余った電気は電力会社に売電買取価格は10年間固定

 昼間、たくさん発電して家庭内で使い切れなくなった電気を自動的に電力会社に買い取ってもらうシステムが余剰電力の買取です。毎月、電力会社からお客様が売った分の電気代が口座に入金されます。天気の悪い日や夜間の発電しない時間帯は、電力会社から通常通り電気を購入することができるので心配ありません。

メリット3 節電

発電量や電気の使用状況が一目でわかるので省エネ意識が向上

 「電力モニター」で消費電力や、発電量、売電量がリアルタイムでチェックできるので、節電に対する意識がグンと高まります。晴れた日には嬉しくなり、もっと売電しようと自然に節電意識が向上します。

メリット4 補助金

国や自治体の補助金が受けられる場合があります

 国や地方自治体ではエネルギーの自給自足に対する様々な補助金制度を実施しています、詳しくはお気軽にお問合せください。

メリット5 保証制度

買った後も安心の15年保証制度があります

 太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・架台・その他付属品を、偶発的な自然災害等の事故により損害が生じた場合の修理費を10年間補償します。

 太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・接続箱(マルチレイコンバーター含む)・システム部材の故障により、正常な発電出力がされない場合、10年間無償で修理いたします。