電気を貯める!車の蓄電池と家をつなげる(EVパワーコンディショナ)

電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)、系統の電気を混ぜて使用できる「SMART V2H」


「SMART V2H」(EVパワコン)を中心に広がる新しい発電・給電・蓄電の仕組みが、これからの家族の暮らしに必要な安心と快適をお届けします。

<詳しくはこちら>
※別ウインドウで三菱のサイトを開きます

 


画像をクリックすると拡大で見れます。

 

蓄電池搭載のEVを活用して、家庭内へ電気を供給


V2HシステムはEVに搭載の蓄電池を活用。EVから家庭内へ、電気の供給を実現します。

※EVに搭載の蓄電池の総電力量はV2H接続時に実際に使用できる容量とは異なります。

<詳しくはこちら>
※別ウインドウで三菱のサイトを開きます

 

エネルギーの自給自足の生活をサポート


《昼間》
太陽光発電システム(PV)でつくった電気も電気自動車(EV)に、ためることができます。


《夜間》
昼間にEVにためて、夜間に使用することで電気をできるだけ買わない生活を実現します。

電気代の安い時間にためて節約


《夜間》
電気代の安い夜間に電気をEVにためて、昼間に使うことで電気代を節約します。


《昼間》
電気のひっ迫期に買電を抑制することで、エネルギーのピークシフトにも貢献できます。

停電が起きても安心


停電してもEVにためた電気が生活をバックアップします。

太陽が照っていれば、停電中でもPVからEVへの再充電が可能なので、停電の場合でも安心です。

停電時用にあらかじめ使用する電化製品を特定しなくても、家庭内の通常コンセントでいつもと同じ電化製品が最大約6kVAまで使用できます。

「ミラブル」詳細は動画をご覧ください  


ミラブル  


マイクロバブルトルネード  


LED導入事例  



ページ上部へ戻る