車の蓄電池と家をつなげる(EVパワーコンディショナ)

高機能で低価格のV2Hシステムを実現

VCG 663CNシリーズ

V2Hシステムのリーディングカンパニーであるニチコンが、系統連系型V2Hシステムの高機能はそのままに、低価格を実現する「EVパワー・ステーション」を使い方に合わせた2モデルをラインアップ。

※V2Hシステムとは、EV/PHVの大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭の電力として使用できる仕組みを言います。

詳しくはこちら


電気自動車の蓄電システムは暮らしの電源へ!

作った電気も安い夜間の電気も、電気自動車にためて上手に使う

電気自動車の活用方法から新たなライフスタイルが生まれる
電気自動車の活用方法から新たなライフスタイルが生まれる

蓄電池搭載のEVを活用して、家庭内へ電気を供給

V2HシステムはEVに搭載の蓄電池を活用。EVから家庭内へ、電気の供給を実現します。

※EVに搭載の蓄電池の総電力量はV2H接続時に実際に使用できる容量とは異なります。

エネルギーの自給自足の生活をサポート

《昼間》
太陽光発電システム(PV)でつくった電気も電気自動車(EV)に、ためることができます。

《夜間》
昼間にEVにためて、夜間に使用することで電気をできるだけ買わない生活を実現します。

電気代の安い時間にためて節約

《夜間》
電気代の安い夜間に電気をEVにためて、昼間に使うことで電気代を節約します。

《昼間》
電気のひっ迫期に買電を抑制することで、エネルギーのピークシフトにも貢献できます。

停電が起きても安心

停電してもEVにためた電気が生活をバックアップします。

太陽が照っていれば、停電中でもPVからEVへの再充電が可能なので、停電の場合でも安心です。

停電時用にあらかじめ使用する電化製品を特定しなくても、家庭内の通常コンセントでいつもと同じ電化製品が最大約6kVAまで使用できます。